幼子が育ててあるトマトの苗が枯れてしまったきっかけ

幼稚園のレクチャーの一部分で、野菜を園児たちが育てている。瞬間にあわせて、さつまいもや、ミニ、イチゴやトマトなどいろんな種類の野菜をみんなで育てているのですが、最近は耳よりトマトの苗を独力はじめ株植えて育てているようです。

ある日、うちの息子がしゅんとして幼稚園から帰ってきました。論拠を聞くと、自分のトマトの苗だけ元気がないそうです。医者から、「もしや、鉢が乏しいから育たないのかな」と言われたようです。うちの子の鉢は、家庭で用意する容積を間違えてほんの少しみんなのどんどん可愛いのですが、わずかな差なので違う気がするなぁ・・・と見なし息子に育て方を聞いてみました。「お水はどうしてあげてるの?」「腐ると不満ですなぁって思ってちょいづつあげてるの」

原因はわかりました。水が少なすぎるのだと思いました。とりあえず、明日からしばし多めにあげてみたら?とアドバイスしてみました。数日引き返し、息子は大歓びで「トマトちゃんとなってきた!」と頼もしい案内がありました。条件がわかってよかった!ところでトマトって元気がなくなる頃に水を上げると、負担で手ぬるいトマトに上るそうな。もしや手ぬるいトマトに変わるかも?と少々思いました。脱毛ラボ 無料カウンセリング