今年の夏にはこれでもか!と言う程きゅうりの酢の物を作ろうと思います。

我が家では夕飯を作るのは旦那の仕事です。
その他の家事の一切を私がしているので、それで家事は半分かなと思っています。
常に食べている家庭の味は、子供にとって旦那の味です。それはそれでいいと思っています。
ある日、旦那の為にきゅうりの酢の物を作りました。酢や海藻は体にいいので子どもにも食べてもらいました。するとかなりハマった様子で、それからきゅうりの酢の物を催促するのです。
作った物を美味しいと食べてくれると本当に嬉しいです。
そんな気持ちを実感する事なく5年も過ごしていたんだなと思いました。
それからはきゅうりの酢の物とひじき、きんぴらごぼう等の常備菜を作っては少しずつ食べています。
好きな物にはきちんと美味しいと褒めてくれるので作る甲斐があります。
出来れば、子供にはこのままきちんと感想を言ってくれる大人になって欲しいなと思います。やはり作ってくれる人にはきちんと感謝と感想を述べる事や手伝いをする事が感謝の現れだと思います。http://www.protoexpress.co/kakaku.html

水の音はわくわくする?考案者に会える機会WS

今度、地元で水カンリンバのWSがあるので参加します。考案者の方が来るWSなのでとっても楽しみなのですが、来週になっているけれどまだ申込みはOKのようです。考案者の方がフェイスブックでわたしの参加するWSの予定を記事アップされていました。実はWSのお知らせを知る前にオーダして1本手元にあるのですが、やっぱり生で考案者の方の話を聞ける機会って貴重なので行くことにしました。わたしは持っているヒーリング楽器ライアーやシンギングボウルでの活動もして行きたいので、2本あってもまた使えるかなと思っています。以前も共催ですが音のWSをやり、メインのヒーリング楽器以外のものも使いました。正直この水カンリンバだけで体験会は出来ませんが、いい味は出してくれるのでずっと欲しかったんです。水の音がするのですが、癒しの音というよりももっとパワフルな音がします。生まれてくるお腹の中の赤ちゃんのように、「生きる」ことへのわくわくが詰まっている音です。何がきっかけでこの音が生まれたのか早く聞きたいなぁ。http://xn--3-17tud5hvve80lhcdbqd.xyz/