映像「雰囲気から猫が消えたなら」の佐藤健という宮崎あおいは案の定酷い

フィルム「基盤から猫が消えたなら」を見た。
かつて、読物が人気で世間にバレるようになった作ですが読物は読んだことが無い。
番組やCMで大々的にフィルムの紹介がされていたのと、猫が大好きなので気になって出向くことにした。
泣けるというワードがあったので久しぶりにフィルムを見て涙したい感覚もあった。
開業事後2,半はちっちゃいなーと思いながら見ていたがノスタルジーを感じさせる雰囲気にたまたま飲み込まれる感じがした。
一際佐藤健の登場が素晴らしい。
何でもない地味な役がともかく頼もしい。
以前に戦隊ものに出ていた時の佐藤健の登場はやっぱり不得意だった。
それから数年でこれ程上手に陥るタイプなのかという感心してしまう。
アイドルやアクトレスで殊に登場アビリティーの差が出るのが走り回る現場だと自身は思っている
その走る現場がたくさん起きるのだがどうしてもかしこい。
また、宮崎あおいもとても迫力があった。
まゆ毛が薄すぎるのがゼロ気になったが必ず「ビューティフルですな」と思った。
飾り付け過ぎない彼の普通印象がこういうフィルムには合っていた。
単にこういう現場が感嘆は乏しいのだがどうしてだか最後には号泣してしまっていた。
濱田岳の登場も良かった。
久しぶりに相応しいフィルムを見たなという感覚がした。